クリスマスの目的や起源は?世界のクリスマス過ごし方との違いを比較。

クリスマス

日本のクリスマスといえば恋人同士で過ごしたり家族で過ごす方もいらっしゃると思います。

しかしクリスマスの本来の目的を知らない方が多いのではないでしょうか?

そこでクリスマスの本来の目的や起源サンタクロースクリスマスイブ世界のクリスマスの過ごし方について調べました。

クリスマスの目的や起源

クリスマスと言えばイエス・キリストの誕生日だと思っている方が多いと思いますが、実は12月25日はイエス・キリストの誕生日ではなく誕生したのを祝う日なんです。

イエス・キリストが誕生したのはいつ?

イエス・キリストが誕生した日にはいろいろな説があり本当のところは不明で、4世紀の初頭に12月25日と定められました。

12月25日と定められたのには古代ローマ帝国の太陽信仰の「ミトラ教」と呼ばれる祭日が関係しています。

ミトラ教では不敗の太陽神の誕生を祝う日を12月25日としていて、キリスト教はこの文化をもとに同じ日をキリストの誕生を祝う日としたそうです。

サンタクロースの由来

クリスマスといえばサンタクロースですが、サンタクロースの由来は聖人・聖ニコラウスと言われています。

聖ニコラウスが貧しい家庭の少女を救ったという話が、靴下にプレゼントを入れる事に繋がったそうです。

また聖ニコラウスの命日は12月6日ですので、この命日が12月25日のクリスマスとくっついて、現在のクリスマスにはプレゼントを贈るという文化になっていったようです。

クリスマスイブとは?

12月24日はクリスマスイブと呼ばれていますがなぜこう呼ばれるようになったのかと言いますと、イブを英語で書くと「eve」となります。

「eve」とは祝祭日の前夜や夕方を意味しています。語源が同じ言葉で「evening」がありますが、これは夕方や晩を意味する単語で、どちらも日本の時間で言えば日没から就寝時刻までを指しています。

クリスマスイブとはクリスマスの前夜祭もしくは前夜という意味で、クリスマスの前日にあたる12月24日をクリスマスイブと呼ぶようになりました。

クリスマスの語源

クリスマスは日本だけではなく世界中の人々の間で、大多数のキリスト教徒が宗教的に祝い、その他の非キリスト教徒が文化的に祝われています。

クリスマスを英語で書くと「christmas」となり、キリストの「christ」と、ミサの「mas」の2つで構成されています。

ミサとはカトリック教会で行われる最も重要な典礼儀式で、ミサの起源となったのは、レオナルド・ダ・ヴィンチの有名な絵「最後の晩餐」です。

ミサでは聖書のことばを聞く「言葉の典礼」と、キリストの最後の晩餐と復活を記念する「感謝の典礼」の2つに分けられます。

キリストの復活を信じるキリスト者はミサを通して家族として共に集まり、キリストのからだを受けることで日々の信仰生活の糧としています。

またカトリック信者でなくてもミサに参加することが出来ますが、キリストのからだである「パン」を拝領することは出来ず、カトリックの洗礼を受けた信者のみに許されています。

世界のクリスマスの過ごし方

世界のクリスマスはどのような過ごし方をしているのでしょうか?何か国か紹介します。

ドイツ

クリスマスの本場ドイツではクリスマスが一番のイベントになります。日本でいうお正月みたいな感じでしょうか。

アドヴェント(待降節:たいこうせつ)

アドヴェント(待降節:たいこうせつ)とは、クリスマスから遡って4週前の日曜日の事を言います。朝食時に家族全員がそろってアドヴェントクランツ(クリスマスの飾りつけのろうそく)の最初の1本目のろうそくに火を灯します。

次の週の日曜日には2本目を、その次の週の日曜日には3本目を、そしてさらに次の週の日曜日には4本目のろうそくに火を灯していきます。そうやってクリスマスが近づいていることを実感していくそうです。

クリスマスマーケット

ドイツでは「クリスマスマーケット」と呼ばれるイベントが各地で開催されています。

クリスマスマーケットでは屋台がたくさん出展されていて、どの地域でも大きい規模で開催されるのが特徴です。

屋台にはドイツの名物料理クリスマス限定のアイテムスイーツ伝統品ホットワインなど様々なものが販売されています。

ドイツの中でもニュルンベルクのクリスマスマーケットフランクフルトのクリスマスマーケットドレスデンのクリスマスマーケットなどが有名ですよね。

旅行でドイツに行った際にはぜひ訪れてほしいクリスマスマーケットです。

クリスマス定番のお菓子「シュトレン」

ドイツでは伝統的なお菓子「シュトレン」を食べる風習があります。「シュトレン」は生地にドライフルーツやナッツが練り込まれ、焼いた後たっぷりのバターを染み込ませ表面にはたっぷり砂糖がまぶされ、細長い形をしたずっしりとしていて日持ちのする伝統的な菓子パンです。

ドイツでは「シュトレン」アドヴェント(待降節:たいこうせつ)の期間に毎日少しづつ薄くスライスして食べるのが風習となっています。

フィンランド

フィンランドのクリスマスは家族で過ごすのが一般的です。

フィンランドの首都ヘルシンキでは11月末からクリスマスのイルミネーションが点灯し、ショーウィンドウも美しく飾り付けられ一気に華やかな街並みになります。

町ではプレゼントを買い求める人々あふれ、有名なショッピングストリート「アレクサンテリンカトゥ通り」は別名「クリスマス・ストリート」とも呼ばれ、大変な賑わいを見せます。

ヘルシンキ最古のマーケット

ヘルシンキでは最古のマーケットが元老院広場で開催されます。このマーケットはヘルシンキの人たちにとってクリスマスの象徴で、広場の真ん中にはメリーゴーラウンドが置かれ子供たちの遊ぶ場所になります。

マーケット内では手工芸品クリスマスオーナメント肉・魚・惣菜などを販売する露店がたくさん並びます。

クリスマス当日の朝食「リーシプーロ」

フィンランドの人たちはクリスマス当日の朝食に「リーシプーロ」と呼ばれるお米をミルクで炊いたミルク粥を食べる風習があります。この中に渋皮をむいたアーモンドを一粒だけ入れます。

それを家族で取り分けた時アーモンドが入っていた人には幸運が舞い込むと言われています。

フィンランドのクリスマス料理「ヨウルキンック」

豚肉の大きな塊を軽く味付けしてオーブンで低温で長時間焼き上げます。この時、豚肉にマスタードとパン粉を混ぜた自家製ソースを表面に塗るのがフィンランド流

マスタードは辛くなく少し甘めの味付けになっています。

クリスマスデザート「ヨウルトルットゥ」

クリスマスのデザートに欠かせないのがこの手のひらサイズのクリスマスパイ「ヨウルトルットゥ」

正方形のパイを折りたたんで真ん中にプルーンジャムを乗せてオーブンで焼き、仕上げに粉糖を降って完成。

クリスマスシーズンになるとどこのカフェでも食べることが出来るそうです。

定番ドリンク「グロギ」

「グロギ」とは、シナモンなどのスパイスで風味付けしてある甘いベリーのジュースのことで温めて飲みます。

飲む前にレーズンとアーモンドスライスを加えるのがポイントです。ちなみに大人はウォッカを少し加えて飲むようです。体が温まる伝統的な飲み物です。

クリスマスシーズンが近づくとカフェやバーでも飲むことが出来るようになるそうです。

アメリカ

アメリカのクリスマスは世界各地から移民を受け入れてきた背景から、世界中のクリスマスの祝い方が混在しています。

日本では恋人同士で過ごす方が多いですが、アメリカでは家族と一緒に過ごすのが一般的です。恋人がいる若者でも家族の集まりを優先するそうで、ここが日本との大きな違いではないでしょうか?

またクリスマスはキリスト教の行事ですので全員が祝うわけではなく、キリスト教徒が祝います。先に述べたようにアメリカにはいろんな人種・宗教の方がいるためキリスト教でない方は関係ないという事です。

ただホリデーシーズンと呼ばれる休暇になるため、他宗教の人も家族で集まって過ごします。キリスト教ではないので「メリークリスマス」ではなく「ハッピーホリデー」を使うのが一般的です

クリスマスまでの過ごし方から当日の過ごし方

12月になるとクリスマスツリー用の大人よりも大きなもみの木が売られ始めます。これは本物のもみの木です。これを買ってきて部屋で飾りつけをします。

釣りの周りには家族や親戚からのプレゼントで埋め尽くされます。子供のいる家庭では24日の夜、サンタさんからのプレゼントも追加されます。そして25日のクリスマスの朝にプレゼントを開けるのがクリスマスの楽しみ方です。

そしてクリスマス当日は締まっている店も多く、家族みんなでおしゃべりをしてゆったりと過ごすようです。

ちなみにプレゼントの中身は事前に子供たちにリクエストを聞いておいて、欲しいものを購入している場合が多いようです。

クリスマス後の返品大会

アメリカではどんな物でも返品が出来るんです。気に入らないプレゼントは自分でお店に持って行って返品・返金するそうです。

そのためプレゼントには「ギフトレシート」と呼ばれる値段の書かれていないレシートを一緒に付けておくのが一般的です。

日本では考えられないですがプレゼントを渡した側からすると、ちょっと寂しい気持ちになってしまいますよね。さすがアメリカという感じがします!

クリスマス料理

クリスマス料理といえばチキンの丸焼きなどを思い浮かべる方が多いと思いますが、実はアメリカではハムを食べる方が多いんです。大きなハムの塊をそのままオーブンで焼いて切り分けて食べます。

他には定番のマッシュポテト野菜フルーツデザートパイアイスクリームというのが一般的です。日本ではクリスマスケーキが一般的ですが、アメリカではクリスマスケーキはほとんど見られません。

まとめ

クリスマスの目的や起源や世界のクリスマス過ごし方を紹介しましたがいかがだったでしょうか?

世界の国々によって様々なクリスマスの過ごし方があるんですね!

今年のクリスマスは世界のクリスマスのように過ごしてみるのもいいかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました