ハロウィンの由来や起源は?世界のハロウィンについて調査!

ハロウィン

毎年多くの人が仮装をして楽しんでいるハロウィンですが、なぜ仮装するのかハロウィンの意味や由来について知らない方が多いと思います。

ここではハロウィンの由来や起源、世界のハロウィンについて紹介していきます。

ハロウィンの由来や起源

毎年10月31日がハロウィンとなっていますが、もともとはアイルランドのケルト民族が行っていたお祭り「サウィン」が起源と言われています。「サウィン」とはアイルランド語で「夏の終わり、冬の始まり」を意味します。

その頃は11月1日に暦が変わっていたため、10月31日が年の変わり目にあたり焚き火や宴会をして、収穫・豊穣を祝っていました。

また10月31日は悪魔や魔女が先祖の霊に便乗して来て、災いをもたらすと信じられていました。そこで収穫・豊穣を祝うと同時に悪魔払いもするようになりました。

現在のようなハロウィンの形になったのは19世紀の後半にアメリカに伝わってからです。

このお祭りをアメリカでしたところ子供たちが怖がったため、小さな子供でも楽しめる仮装をする行事に変化していきました。

ケルト民族とは?

ケルト民族とは紀元前にアイルランドやブリテン島、ヨーロッパ各地に住んでいたとされており、単一で国家を作りませんでした。

ケルト民族は文字を待たない民族だったため、歴史や文化についてはまだ謎に包まれている部分が多いようです。

ケルト神話によると、「丘」の地下には国があり宮殿には神族や妖精、英雄たちが暮らしていたとされています。アーサー王をはじめとする英雄たちは年に一度ハロウィンの日に地上に現れ、馬に乗って「丘」を一巡りしたとされています。

ケルト民族にはドルイドと呼ばれる神官たちがいました。このドルイドによって歴史や神話が語り継がれてきたそうです。

ハロウィンのかぼちゃの由来

ハロウィンでよく見かけるかぼちゃのお化け。これっていったいどんなものなのでしょうか?

先程も説明したように、10月31日は悪魔や魔女が先祖の霊に便乗して来て災いをもたらすと信じられていました。

そこでカボチャで怖い顔のランタンを作って悪霊を追い払おうとしたのが由来とされています。

ジャック・オー・ランタンとは?

目・鼻・口をくり抜いて中にキャンドルを灯したがぼちゃのランタンには「ジャック・オー・ランタン」という名前がついています。

ジャックとはアイルランドの物語に登場する男性の名前で、生前悪い事ばかりしていました。そんなジャックの魂を取ろうと悪霊がやってきましてが、ジャックはやってきた悪霊をだました。

そのため死んだ後も死後の世界への立ち入りを拒否され、萎びて転がっていたカブをくり抜き、悪魔からもらった石炭を火種にしてランタンに火を灯して闇夜を彷徨っている姿からきているそうです。

実はハロウィンはこんなに恐ろしい話からきているんですね。現在の仮装をして楽しむハロウィンからは想像もできませんよね。

ハロウィンで仮装をする意味は?

現在のハロウィンは仮装をして楽しむ行事になっていますが、もともとは悪霊や魔女から身を守るために、悪霊や魔女の姿をして仲間に見せかけたのが始まりでした。その姿を見て悪霊や魔女が驚いて逃げるという説もあります。

最近のハロウィンでは仮装をすることが目的になっていて、そこから仮装からコスプレを楽しむ日へと目的が変化していっています。

日常を離れて好きなキャラクターのコスプレを楽しむ人も増えているようなので、ハロウィン本来の目的に立ち返って、悪霊が驚くような仮装をしてみるのも楽しいのではないでしょうか?

ハロウィンで聞くトリック・オア・トリートとは?

ハロウィンで「トリック・オア・トリート」という言葉を耳にしたことがありませんか?

「トリック・オア・トリート」トリックトリートには

  • トリック・・・たくらみ・悪ふざけ
  • トリート・・・待遇する・大切に扱う・もてなす

という意味があり、「トリック・オア・トリート」とは「悪霊にいたずらされたくなければ、お菓子をちょうだい」という意味になります。

ハロウィンになると子供たちが仮装して近くの家を訪ね、「トリック・オア・トリート」と声をかけます。その言葉に「ハッピーハロウィン」と呼応した大人たちが、チョコレートやキャンディーなどのお菓子をあげるというのが風習でした。

「トリック・オア・トリート」の由来

中世ヨーロッパでは死者へ供える「ソウルケーキ」をもらう「ソウルリング」という儀式がありました。

ヨーロッパでは11月1日が「諸聖人の日」となっていますが、その翌日の11月2日は「死者の日」にあたるそうです。

この「死者の日」にはキリスト教の信者が人々の家を死者の霊魂を鎮めて周ります。

死者の霊魂を鎮めてもらった人たちがお礼として「ソウルケーキ」を渡していたそうです。「ソウルケーキ」を渡さなかった家では天国に行けなかった霊魂が災いを起こすと恐れられていました。

この「ソウルリング」の風習が伝えられて、現在の「トリック・オア・トリート」(悪霊にいたずらされたくなければ、お菓子(ソウルケーキ)をちょうだい)というやり取りに繋がっていったとされています。

世界のハロウィン

日本以外の国ではハロウィンはどのようなものなのでしょうか。紹介していきます。

メキシコのハロウィン

メキシコといえば映画『リメンバー・ミー』で話題になった、「死者の日」というメキシコ最大のお祭りがあります。

毎年10月31日の前夜祭から子供の魂が帰る11月1日、大人の魂が帰る11月2日と3日間にわたってお祭りが開催されます。

この期間はカラフルな骸骨のグッズで溢れ、マリーゴールドの花とキャンドルを飾り、オフレンダと呼ばれるオレンジやレモンなどのフルーツで彩られた祭壇が用意され死者の魂を迎えます。

メキシコの人にとって「死者の日」は死者と共に明るく楽しいひと時をを過ごし、祭りを終えた後には死者が満足して死者の国へと帰れるように祈る日です。

当日はお墓の前で食事をしながら楽器を演奏したり踊ったりして、それぞれがシ社との交流を楽しむようです。

「死者の日」の食べ物

「死者の日」に食べられるものも多く代表的な物が、十字架をかたどった生地に砂糖をまぶした甘い菓子パン「パン・デ・ムエルト=死者のパン」です。

他にもガイコツをかたどったカラフルな砂糖菓子などが食べられるそうです。

「死者の日」はもともと8月に行われていた

先住民たちの間では「死者の日」を農作物の収穫期に合わせて8月に行っていたようです。この起源は約500年前に滅びたアステカ文明の時代までさかのぼるともいわれています。

そしてスペイン侵略後のカトリック教への改宗によって日程が変えられ現在の日付になったそうです。様々な歴史的背景が影響した行事といえます。

ちなみに「死者の日」は国の祝日になるので、学校や職場も休みになるそうです。

アメリカのハロウィン

ハロウィンの文化を世界中に広めた本場アメリカは、ハロウィンの準備が1カ月も前から始まります。家を装飾したり、子供に配ろお菓子を準備したりと大忙しです。

子供たちは仮装をして家を訪ね「トリック・オア・トリート」と言ってお菓子をもらって回ります。さらに大人や中高生も仮装をして職場や学校に行く事が普通だそうです

ロサンゼルスでは「ウエスト・ハリウッド・ハロウィン・カーニバル」が毎年開催されています。このイベントには世界中から50万人以上が集まる世界最大のハロウィンパーティーとして有名です。

ハロウィン会場では独創的なコスチュームに身を包んだ人たちがパーティーを楽しんでいます。また会場にはいくつか特設ステージが設けられ、バンドやアーティストによる演奏も見られます。

またウエストハリウッドという街はゲイタウンとして有名なので、世界中のゲイ達が集合します。自慢のコスチュームを競い合って披露しているので、一緒に記念撮影をしたりする人もいます。

他にもロングビーチにある「クイーン・メリー号」はハロウィンならではの観光スポットとして人気が高く、毎年大規模なお化け屋敷のイベントが開催されています

アイルランドのハロウィン

ハロウィンの発祥の地とされるアイルランドでは、子供たちがハロウィンのための仮装やゲームの準備をします。当日は夕食時にバームブラックと呼ばれる伝統的なパンを食べるのがお決まり。

このバームブラックはドライフルーツやオレンジ・レモンの果汁がたっぷり入ったフルーティーな味です。バームブラックには様々なものを中に仕込んで焼き上げます。

切って分けて食べた時に出てきたものでその人の運勢を占います。例えば指輪が出てきた人は、1年以内に結婚することを意味します。

また多くの地域では大きな焚き火をします。デリー、ダブリン、ミース県は多くの人々が集まるハロウィンのフェスティバルで有名です。

ハロウィンの由来や起源、世界のハロウィンについて紹介しました。ハロウィンをより身近に感じていただけたのではないでしょうか?

機械があればぜひ世界のハロウィンに足を運んでみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました