紙ストローは環境にいいの?メリットとデメリット、導入企業と世間の声

経済

近年脱プラ対策の一環として、プラスチック製のストローから紙ストローに変更している企業が増えている中で、「飲みにくい」「匂いが気になる」などの意見が多く出ていることで話題になってましたね。

紙ストローに変える事は環境にいいと言われていますが、そのメリット、デメリット、導入企業について調べてみました。

紙ストローは環境にいいの?

そもそも紙ストローが導入されだしたのは、プラスチックによる環境汚染が問題になってからです。

近年ではプラスチックは何にでも使われていますが、それと同時にプラスチックごみが問題となっています。

その問題に対して現在リサイクルレジ袋の有料化などの対策は行われていますが、それでも年間1000万トンを超えるプラスチックごみが海洋に流されていると言われています。

このままこの問題を放置すると2050年にはプラスチックゴミが魚の量を上回ると言われています。

マイクロプラスチックとは?

その中でも地球環境への悪影響が懸念されているのがマイクロプラスチックと呼ばれるものです。マイクロプラスチックとは5mm以下のプラスチック粒子の事で、大きく分けて

  • プラスチックの生産段階で発生するのも。
  • プラスチックが紫外線や雨風にさらされることで劣化して粒子状になったもの。

の2つに大別されます。

このマイクロプラスチックはには厄介な問題があって、

  • 粒子が非常に小さいため回収が難しく、回収しきれなかった粒子が海流に乗って世界中に広がっていってしまう
  • マイクロプラスチックは分解されないため長期間海を漂うことで、海の生態系に甚大な影響を及ぼしてしまう。

という2つの問題があります。

海洋に流入するとどんな問題が起こるの?

マイクロプラスチックが海に流入することで起こる問題は2つあります。

海洋生物がエサと間違えて、マイクロプラスチックを食べてしまい死に至る。

ウミガメやクジラなどがマイクロプラスチックを食べてしまうと、プラスチックは消化できないので満腹感が持続して、エサを食べられなくなってしまいます。

またプラスチックの尖った部分が消化器官を傷つけてしまい、エサを消化できなくなってしまったり、繁殖率の低下にもつながるという研究結果もあります。

マイクロプラスチックに含まれる有害な物質が海洋生物の生存を脅かす。

プラスチックに含まれる、難燃剤PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)や紫外線吸収剤などが海に溶け出したり、海中のPCB(ポリ塩化ビフェニル)などの有害な化学物質をプラスチックが吸収することで、海洋生物に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

最近では食物連鎖によって生物濃縮した化学物質が人体に影響を及ぼすということが言われており、現在も研究が進められているそうです。

以上のようなプラスチックによる環境汚染問題が、世界各地で起こっています。なのでプラスチックゴミを減らしていく一環として進められているのが、プラスチック製のストローから紙ストローに移行する取り組みなんです。

紙ストローのメリット

では紙ストローに変える事でのメリットは何なのでしょうか?

紙ストローはとにかく環境にやさしいという事がメリットになります。

紙ストローはプラスチック製のストローに比べ

  • 分解するのが早い
  • リサイクル出来る。
  • 焼却処分が出来る。
  • プラスチックの原料である原油を使わなくて済む。
  • マイクロプラスチックもなくなる。
  • 二酸化炭素が出ないので地球温暖化の防止になる。(プラスチック製品を焼却して、熱エネルギーに変える「エネルギー回収」をすることがなくなるため。)

などのメリットがあげられます。また飲食店では

  • 「環境に配慮しているお店」という好印象を与えることが出来る。
  • 利用客も環境に貢献しているという意識が持てる。

など、紙ストローに変えることでこれだけのメリットがあるんです!

紙ストローのデメリット

逆に紙ストローにすることでのデメリットは何なのでしょうか?

紙ストローにすることでのデメリットは

  • 口当たりが独特。
  • 紙の味がする。
  • 長時間使用するとふやけてしまう。
  • プラスチック製よりもコストがかかってしまう。

などがあげられます。

導入企業

現在では様々な企業で紙ストローが取り入れられています。一部ご紹介します。

マクドナルド

日本マクドナルドでは「2025年末までに、すべてのお客様提供用パッケージ類を、再生可能な素材、リサイクル素材または認証された素材に変更する」という公約を掲げています。

その一環として2022年10月7日から、環境に優しいFSC認証を取得した紙・木材を使用した紙ストロー木製スプーン・フォーク・ナイフ・マドラーを全国のマクドナルドで提供していく事を発表しました。

現在は神奈川県と京都府の全店舗のみ先行導入されていますが、全国約2900店舗にて切り替えを行っています。ただし、子供用のストローやマックシェイク用のストローなどの一部商品用はプラスチック製のストローを提供しているようです。

ちなみに今回の取り組みによって、年間約900トンものプラスチックが削減できるそうなんです!すばらしい取り組みですね。

すかいらーくグループ

すかいらーくグループは2026年までに

  • 使い捨てプラスチック使用率を2020年比で50%削減
  • 使い捨てプラスチックにおける環境配慮型素材の比率を50%にする

という公約を掲げ、2030年までに

  • 使い捨てプラスチックにおける石油由来プラスチック比率をゼロに

という公約を掲げています。

すかいらーくグループでは2018年に、バイオマスストロー紙ストローに変更しています。これによって2018年対比で89%も削減に成功しています。

IKEA

IKEAでは2030年までに「ホームファニッシング製品に使用するプラスチックをすべて再生可能な素材化リサイクル素材にする」という目標を掲げています。

2020年1月には世界中のホームファニッシング製品への使い捨てプラスチックの使用を廃止しています。その中の一環として、イケアレストラン、ビストロ、カフェのストローを紙ストローに変更しています。ちなみにこのストローはイケアストアやオンラインストアで購入可能なので、ご自宅で使ってみてはいかがでしょうか。

スターバックス

スターバックスコーヒージャパン株式会社では「2030年までに廃棄物・CO2 排出量を50%削減する」という目標を掲げ、リサイクルを含めた様々なアングルから、使い捨てプラスチック削減の取り組みを進めています。

現在行われている活動としては、2021年9月から全てのフラペチーノをFSC認証紙ストローで提供しています。

フラペチーノに使用する紙ストローは改良されて、強度・耐久性をさらに高められているそうです。これによって年間約2億本分ものプラスチックストローの削減につながったそうです。

三井住友海上火災保険

三井住友海上火災保険株式会社では、2030年に目指す目標を「レジリエントでサステナブルな会社」と掲げています。

2018年には社員食堂・喫茶室で使用していたプラスチック製のストロー・カップの使用を廃止し、紙ストロー・紙コップに切り替えました。

以上大企業5社を紹介しましたが、どの企業も自社の事だけではなく社会全体の事を考えて、実際に行動に移している所は本当に素晴らしいですよね!

消費者の声

紙ストローに代わってからの消費者の声はどうでしょうか。反対派の意見は

というような、反対コメントが多い中で賛成派の意見は

など、少数派ではありますが紙ストローに賛成の方もいるようです。

紙ストローを使う使わないは使用者本人が決める事なので、ぜひ環境に優しい紙ストローを使ってほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました