お正月飾りはいつからいつまで飾ればいいの?飾り方とその由来

お正月

年末年始の準備はやることがたくさんあり、一年で一番忙しくなる季節です。その一つにお正月飾りを飾ることが含まれますが、いざ準備を始めると

  • 何を飾るのが正解なの?
  • いつから飾り始めたらいいの?
  • いつまで飾っておけばいいの?
  • いつになったら片付ければいいの?
  • どうやって処分すればいいの?

といろいろな疑問点を持った方も多いはず。

意外と知られていないお正月飾りの種類や意味、飾ったり片づけたりするタイミング、そして片付けた後の処分方法についてもご紹介していきます。

そもそもお正月ってなに?

お正月といえば、新年を迎えたことを祝う日と思っている人が大半だと思いますが、そもそもお正月というのは、五穀豊穣を司る農耕の神様(年神様(としがみさま))をお迎えするための日本古来の行事です。地域によって、「お正月様」や「歳徳神(としとくじん)」などと呼ばれたりします。

平安時代になると、これが無病息災や豊作を願い、伊勢神宮をはじめ神社などを拝する「四方拝」となり、宮中行事として定着しました。

現在でも年神様は元旦になると家に来て、その年の幸運をもたらして厄をはらうともいわれており、お正月飾りは、年神様を家にお迎えするために飾るものです。

お正月飾りの種類

お正月飾りにも種類があります。解説していきますね。

・門松

お正月玄関先におく門松。松が使われている飾りです。年神様を家にお迎えするときの目印になり、家に邪気が入らないために飾るものです。

門松に使われている松と竹は、「松は千歳を契り、竹は万代を契る」といわれ生命力の象徴で、長寿を願う縁起物という意味があり、「祀る」に通じることから神様を祀る木とされ、年神様を迎えるのにふさわしいという意味があります。また竹の節を斜めに切ると、その切り口が「笑口」に似ていることから、「笑う門には福来る」と言われるようになったんです。

神様をお迎えするものなので、玄関先など入口見える位置に左右一対で置きます。ちなみにマンションにお住まいの方は、玄関が共有スペースになるので、飾り物の設置が禁止されているマンションでは、玄関の内側に置いても大丈夫です。

・しめ飾り(しめ縄)

しめ飾り(しめ縄)は神社などでよく見かける「注連縄(しめ縄)に、紙垂(しで)や裏白(うらじろ)、ゆずり葉などで飾りつけたものを言います。しめ飾りを飾るとことで、清められた神聖な場所という意味合いになり年神様をお迎えするために飾ります。しめ縄の縄は、お米を取って残った藁(わら)を乾燥させたものを、職人さんがねじって巻き付けて作られます。

飾る場所は基本的に玄関か神棚の2カ所になります。玄関に飾る場合は入口の上部に飾ります。しめ飾りをくぐって神域に入るという考え方があるためです。

現在はいろんな種類のしめ飾りがあるので、自分好みのしめ飾りを探してみるのも楽しいですよ!

おすすめのしめ飾り

大阪 長生堂 しめ縄 玄関用 正月飾り おしゃれ 注連縄 しめ飾り フック付き 栄誉 おみくじ招き猫付き

・鏡餅

鏡には神様が宿るという日本古来の考え方があり、丸いお餅で神事に使う鏡を表現していて、神様が宿る依り代になる飾りです。なぜ丸いお餅かというと、三種の神器のひとつ「八咫鏡(やたのかがみ)」の形状に由来しているからだそうです。鏡餅はどこにでも飾れ、大きいものから小さいものまで様々なサイズがあるので、リビングや神棚など神様が来て欲しい部屋に飾りましょう。

また、鏡餅のお餅は大きいお餅の上に小さいお餅が重ねられています。幸福と財産(福徳)重なって縁起がよいとされているのと、「円満に年を重ねる」という意味が込められていて、大小2つのお餅は陰と陽、太陽と月を表現しています。お餅ちの上に橙(だいだい)が載せられていますが、これは「代々」との語呂合わせで、代々子孫が反映しますようにという意味があるそうです。

そして鏡餅は1月11日に鏡開きをします。年神様が宿っていた鏡餅は年神様が家を訪れたときの依り代で、鏡餅の稲には人間と同じ霊魂が宿るとされています。その力を授かり家族の無病息災の願いを込めて、鏡餅を食べるまでが鏡開きとされています。

なので鏡餅は飾るだけではなく、飾った後食べ終えることで鏡餅本来の意味があります。鏡餅を食べることで年神様の力をいただけるという意味と、長寿を願う「歯固めの儀」という意味があり、固い鏡餅を食べることができるような丈夫な歯で元気に過ごせるように祈願します。

最近では小分けにされた鏡餅があるため食べやすくなっていますが、新しい年の無病息災を願う意味でも、神様に失礼にならないようにひとつ残らず食べましょう。

ちなみに、「切る」や「割る」といった言葉は縁起が悪いので、末広がりの意味を持つ「開く」を使い「鏡開き」というようになったそうです。

正月飾りを飾ったり片づけるタイミングは?

お正月飾りは飾ってはいけない日があります。「二重苦」「苦松(苦待つ)」で縁起が悪いとされている12月29日、それと「一夜飾り」といって葬儀を連想させる12月31日の2日です。なので、飾り付けは12月28日までにやるか、12月30日にするのがベストです。

お正月飾りを飾っておく期間を「松の内」といい、松の内が終わると、お正月飾りをかたずけます。地域によって期間が異なり1月7日の地域と、1月15日の地域とに分かれます。一般的に

  • 1月7日・・・東北や関東、九州など多くの地域
  • 1月15日・・・関西地方を中心とした地域

とされています。飾りを片付けた後に七草がゆを食べて祝うのが風習です。

お正月飾りの処分方法

お正月飾りわはずしたあとは、全国各地で1月15日に行われている「どんどん焼き」という火祭りが行われます。そこに正月飾りを持っていき、正月飾りを焼いてもらいましょう。

それ以外にも、新聞紙などでくるみ、塩とお酒をふって清めてから、一般ごみとして処分することで簡単に処分できます。

いかがでしたか?お正月の準備は何かと大変なことばかりですが、いいお正月が迎えられるよう参考にしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました