お正月遊びの定番独楽!起源や意味、基礎知識紹介

お正月

お正月の定番遊びとして知られている独楽。やったことある方はわかると思いますが、糸を巻いて回すのは意外と難しく、つい熱中してしまいますよね?

そんな独楽ですが、起源やお正月遊びとして定着した意味は知らない方が多いと思いますので解説していきます。

独楽の起源や歴史

現在記録で残っている世界最古の独楽は、エジプトで発掘されたもので紀元前2000年から紀元前1400年頃の独楽で、丸太を円錐状に削って作られたもので、胴体に軸があり手でひねって回す「ひねり独楽」でした。

日本で記録が残っている最古の独楽は、7世紀ごろ藤原京跡から出土した逆円錐の先端が細く削られた木で作られた独楽でした。奈良時代から平安時代にかけて独楽は、宮中で占いで使われていたり、貴族の遊びとして独楽回しをしていました。1300年ほど前の平安時代には、胴体の一部を空洞にすることで回すと音が鳴る竹製の唐独楽と呼ばれるものが中国から朝鮮半島を経由して伝わったとされています。

また、当時は独楽の事を「こまつむぐり」や「こまつぐり」と呼んでいました。「こま」と呼ばれるようになったのは、中国から高麗を経て伝わってきたとされ、高麗の事を「こま」と呼んでいたのでそこから「こま」になったのではないかと言われています。「こまつむぐり」のつむは「回転する」という意味で、当時独楽に使っていた貝殻を「つぶり」と呼ぶので、「こまつむぐり」と呼ばれるようになったようです。

また、皆さんもよく知っているベーゴマですが、これは平安時代には原型がありました。平安時代の関西地方では、海螺(ばい)と呼ばれる巻貝に砂や粘土を入れたものをひもで回して遊んでいました。これは「バイゴマ」と呼ばれていて、関西から関東に伝わる際に「バイゴマ」が訛って、「ベイゴマ」や「ベーゴマ」と呼ばれるようになったようです。

その後江戸時代になると、博多で木台に鉄芯を打ち込んで回す独楽が作られました。これが現在の独楽の原型と言われている独楽です。もともと独楽は相手の独楽にたたきつけて押し出す「けんか独楽」と呼ばれる独楽が主流でしたが、博多独楽はよく回り揺れにも強い事から、刀や扇の先に乗せたり、手に乗せて移動させたりする、見せる用の曲芸独楽として発展しました。

江戸時代中期には「投げゴマ」が誕生し、これが今の独楽の標準として主流になっています。その後大正10年には日本でも1970年代にブームを巻き起こした、ジャイロ効果の原理を応用した「地球ゴマ」が誕生しました。平成11年にはまだ記憶に新しい、機械式の回転装置が付いた「ベイブレード」が子供の間で一大ブームになりました。

お正月に独楽をする意味は?

独楽がお正月遊びとして定着した理由は、独楽はまっすぐに芯が通っていて回転しています。その姿が、「物事が円滑に回る」や「お金が回る」という考えに通じていることから、とても縁起がいい遊びとしてお正月にする遊びになっていったようです。

他にも、独楽同士をぶつけてはじき出す遊び方や、まわっている時間を競う遊び方から、男の子に強くたくましく成長してほしいという願いも込められている遊びなので、一年の始まりでおめでたいお正月に、縁起がいい遊びの独楽回しをして男の子の健やかな成長を願っていました。

「独楽」の漢字の由来は?

現在使われている「独楽」という漢字は、もともと古くから中国でコマを表す時に使われていた「獨楽」がもとになっているという説や、「独楽」と書いて「りでしむ」という意味の漢字を日本で当て字として用いたという説もあります。

独楽の種類

独楽と言っても種類が沢山あり、独楽の回し方で分類されます。

  1. ひねり独楽・・・指先で独楽の芯をひねって回す。
  2. 手もみ独楽・・・手のひらで独楽の芯を擦って回す。
  3. 糸引き独楽・・・独楽の芯棒にひもを巻き付けて、そのひもを引いて回す。
  4. 投げ独楽・・・・独楽にひもを巻き付けて、投げて回す。
  5. たたき独楽・・・独楽を鞭などでたたいて回す。
  6. つり独楽・・・・上部の中心にひもをつけて、捩れを利用して回す。
  7. 蹴り独楽・・・・独楽を蹴って回す。
  8. 散歩独楽・・・・ヨーヨーのようにひもを持って投げ、吊るして回す。

など、投げ方によっていろんな種類に分類されます。いろんな投げ方を試して遊んでみると、より独楽の楽しさが見つかるかもしれませんよ。

独楽の技を紹介

独楽は競技としても使用されていて、沢山の技が編み出されています。いくつかご紹介していきます。

ちりとり

回した独楽を丈夫な板ですくう技です。初心者の方でも簡単に出来る技で、板の上を自由に動かしたりして遊びます。勢いよく板を入れるのがポイントです。

線香花火

独楽が空中でくるくると回り、最後は落ちてきて線香花火のようなのでこの名前が付けられました。やり方は、

  1. 独楽の芯棒にひもを一巻きさせます。
  2. 片方のひもの端を片手で持って立ち上がります。
  3. つかんだ手を伸ばしひもをまっすぐにして立ち、ゆっくり持ち上げます。

一人お手玉

一人お手玉はちりとりの進化版です。板を2枚持って独楽でお手玉をします。

  1. 独楽を板に乗せたまま持ち、独楽を浮かせます。
  2. もう片方の板の中心で受け取り、また浮かせます。
  3. この繰り返しです。

カツオの一本釣り

カツオの一本釣りは線香花火の進化版です。上に投げ上げた独楽を板で受け取る技です。

  1. 線香花火と同じようにセットし、空いたもう片方の手に板を持ちます。
  2. 持ち上げるとき、独楽を上へ勢いよく投げ上げます。
  3. 落ちてくる独楽を受け取ると同時に、板を下にひきながらやさしく受け止めます。

ツバメ返し

ツバメ返しとは、ツバメが空中でくるりと向きを変えるように、投げた独楽が手元に戻ってくる技です。

  1. 独楽回しの要領で独楽にひもを巻き付けて、投げる手と反対の手で板を持ちます。
  2. ひもが外れる直前まで、独楽を普通に回す要領で投げます。
  3. ひもが外れる直前、手首を返してひもを引っ張って独楽を手元に戻します。
  4. 戻ってきた独楽を板で受け取ります。

ツバメ返し(棒乗せ)

ここから難易度が一気に上がります。やり方はツバメ返しをたてにしたような技で中級編です。

  1. 投げる手と投げる側の足をやや前に出して構えます。もう片方の手に棒を持ちます。
  2. 左斜め下に投げて、ひもが外れる直前に手首を返しひもを引っ張って独楽を戻します。
  3. 独楽を戻す位置は胸の高さぐらいで止まるように引っ張るとやりやすいです。
  4. 戻ってきた独楽の芯棒の下に、棒を入れて受け取ります。

綱渡り

読んで字のごとく、独楽がひもの上を渡ります。かなり難しい上級者編です。

  1. ツバメ返しをします。やや斜め下に独楽を投げ、ひもを強めに引っ張って独楽を手で受け止めます。この時独楽が斜めになった状態で受け止めます。
  2. 独楽を乗せたまま、ひもを親指の間に持ちかえます。
  3. 独楽が45度傾いた時にひもに乗せます。
  4. 独楽を持っている手を高く上げ、もう片方の手に綱渡りしていきます。
  5. 片方で受け取ったら、同じ要領で綱渡りで戻っていきます。

このほかにもいろんな技がありますが、まずはご紹介した代表的な技からやってみてください。

現在では独楽遊びをして楽しむことは減ってしまっていますが、お正月遊びとしてはもちろん、普段からも競技として楽しまれているので、興味のある方はこの機会に独楽遊びを楽しんでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました