お正月遊びのけん玉!けん玉の歴史や由来など紹介

お正月

お正月遊びの定番けん玉。お正月でなくても一度はやったことがあるんじゃないでしょうか?ここではけん玉の歴史や由来、遊び方を紹介していきます。

世界のけん玉の歴史

けん玉は世界各地で遊ばれていて、現在もはっきりとした起源はわかっていません。現在残されている記録で最も古いものが、16世紀のフランス王国アンリ3世の頃です。当時けん玉の事をフランス語でビル・ボケと呼んでいました。ちなみに、ビルは「玉」を意味し、ボケは「小さな木」を意味します。当時のけん玉は両端に大小の受け皿があり、糸につながった玉を大小の受け皿で交互に受けて、それを繰り返す遊び方をしていました。

ピエール・ド・エストワールという人物が残した記録に、「1585年の夏、街角で子供たちがよく遊んでいるビル・ボケを、王様たちも遊ぶようになった」と書いてあります。当時の貴族や上流家庭で遊ばれたビル・ボケの素材には、象牙を使い彫刻などが彫られていてとても高価なものだったようです。

英語ではカップ・アンド・ボール、ドイツ語ではクーゲル・ファングなどと呼ばれているように、現在世界各国にけん玉が広まっていますが、多くのけん玉がこのビル・ボケが広まって伝わっていったものと考えられています。

しかし、けん玉の起源にはギリシャや中国などいろんな説があるので、現在でもはっきりとした起源はわかっていません。

日本のけん玉の歴史

日本にけん玉が伝わってきた

日本では江戸時代の長崎港にビル・ボケが伝わってきたとされています。日本のけん玉の記録で現在残されているもっとも古いものが、義浪ぎろう編「拳会角力図会(けんさらえすまいずえ)・下」(1809年)に「七玉拳(すくいたまけん)」というけん玉が紹介されています。

また、1830年に喜多村信節という人がまとめた「嬉遊笑覧(きゆうしょうらん)」という随筆で、「拳玉」という漢字で紹介されています。この資料が現在残っているものの中で、けん玉という言葉が紹介された最も古い資料になります。

当時のけん玉は現在の十字の形をしたけん玉ではなく、大小の受け皿が上下についているものでした。また当時のけん玉は子供たちの遊びではなく、大人たちがお酒の席で遊んでいて、失敗したらお酒を飲ませれていたそうです。

けん玉が子供たちに広まったのは、明治時代の1876年に当時の文部省(現在の文部科学省)が、児童教育の解説書の中で「盃及び玉」としてけん玉を紹介したことがきっかけでした。

日月ボール誕生

大正7年(1918年)に、広島県呉市に住んでいた江草濱次(えぐさはまじ)という人物が、現在のけん玉の形のもととなる「日月ボール」というけん玉を考案しました。「日月ボール」という名前の由来は三日月のような受け皿で、日(太陽)のようなボールを受けるという所からきています。

この「日月ボール」が子供たちの間で急速に広まっていき、子供たちにとってとても身近な遊び道具になっていきました。

日本けん玉協会設立

その後昭和50年(1975年)5月5日に、けん玉を伝承していく事を目的として、「日本けん玉協会」が設立されました。

この「日本けん玉協会」は、けん玉を子供たちの遊びとしてだけでなく、けん玉のルールを定めて検定を行うことで、けん玉をスポーツ競技として確立させました。他にもけん玉の指導であったり海外での普及活動を行ったりと、けん玉の普及に尽力しています。

そのおかげか、英語でけん玉は「kendama」と書き、日本のけん玉はそのまま英語でも通じます。

お正月にけん玉をするようになったのは?

けん玉はお正月の定番の遊びとして知られていますが、なぜお正月に遊ばれるようになったのかというはっきりとした理由はわかっていないんです。

ただ、先ほども解説したように、子供たちにとってとても身近な遊び道具として遊ばれるようになったことが、みんなが集まるお正月に楽しめる遊びとして定着したのではないでしょうか。

けん玉の種類

競技用けん玉

その名の通り、けん玉の大会やけん玉の級・段位を受験と取得する際に使用される、日本けん玉協会が認定しているけん玉のことです。別名協会認定けん玉。

近年の競技用けん玉は、皿の淵と滑り止めの丸みや、滑り角の均一化、糸を取り付けるための穴の位置など使う人が使いやすいようにいろんな工夫が施されているため、初心者の方でも扱いやすくいろんな技の練習におススメのけん玉です。

エクストリーム用けん玉

別名ストリートけん玉とも呼ばれ、けん玉の大会で披露する難易度の高い技などが出しやすく設計されたけん玉になります。

グリップ力を高めてあるものや、軽量タイプのもの、玉が滑りにくくなっているものなど様々な種類があるので、けん玉の技によって自分好みのものを選べます。

また、エクストリーム用けん玉にはいろいろなデザインのものがあるので、自分好みのデザインを選べるのも特徴です。ただしエクストリーム用けん玉の中には、けん玉の級・段位取得の認定会では使用できないものもあるので、認定会を受けるときは注意が必要です。

ケンダマクロス

「KDX」の略称でも呼ばれているケンダマクロス。競技用けん玉の種類の中でも最も新しい種類で、大手おもちゃメーカーのバンダイさんが出したけん玉です。特徴的なのは、クロスシステムと呼ばれるパーツを自分好みにカスタマイズすることが出来るところです。

玉の穴が大きいものに変えて剣先に挿しやすくしたり、皿の大きさを変えて玉を乗せやすくしたりと自分のレベルに応じて対応出来る事や、デザインやカラーバリエーションが豊富なため、見た目も良く自分好みのものを選ぶことが出来るのでお勧めです。

けん玉の選び方

糸の素材

糸の素材はおもちゃ用のけん玉にはタコ糸が多く、競技用のけん玉にはナイロン製の糸が使用されています。ナイロン製の糸はタコ糸に比べ耐久性が高く絡みづらくねじれにくいのが特徴で、けん玉の技が出しやすく競技用として使用するのに適しています。

また、糸は付け替えることが出来ます。ナイロン製の糸はカラーバリエーションも豊富なので、おしゃれでかっこいい自分好みにカスタマイズ出来る事からも、ナイロン製の糸がおススメです。

柄入りの玉、穴が大きめの玉

柄入りの玉は、玉を回転させる技をする時に回転する方向が見やすくなり、剣先に玉を合わせやすいので「とめけん」などの技がやりやすくなります。

また、玉の穴が多きものも剣先に玉を入れやすくなるため、柄入りで穴が大きめの玉を選ぶのがおススメです。

暗色のけん玉

けん玉の素材には木材が使用されているものが多く、長年けん玉を使っているとどうしても汚れてきてしまいます。そんな汚れが気になる人には、この暗色のけん玉がおススメです。明るめの色だと目立ってしまう汗や手垢の汚れでも、暗色のけん玉なら汚れが目立たないので、気にせず使用することが出来ます。

検定用サイズ

遊びとしてけん玉を使う場合は問題ありませんが、けん玉検定で級・段位を取得しようと考えている場合には、けん玉のサイズに規定があるので注意が必要です。例えばけん玉のけんの部分は、一般的に16~18㎝と決められています。

けん玉協会が主催している大会では協会認定けん玉しか使用できませんし、他の検定や大会によっては、独自の規格・ルールが定められていることもあるので、どの検定や大会に参加するかによって、しっかりと規格・ルールを確認する必要があります。

けん玉の持ち方

けん玉には基本的な持ち方があるので、4つ紹介していきます。

大皿持ち(小皿持ち)

利き手の親指と人差し指でけんをつまんで、他の3本の指で下から支えるようにして大皿(小皿)を上にして持ちます。

けん持ち

けんの皿胴の下を利き手のすべての指でつかんで、けん先を上にして持ちます。

ろうそく持ち

けん先を下中皿を上にして、皿胴のけん先側を利き手のすべての指でつかんで、小皿を手前に向けて持ちます。

玉持ち

玉の穴を上に向けて、玉を持ちます。

けん玉の代表的な技7選!

けん玉にはいろんな技があるので、代表的な技を紹介していきます。

大皿、小皿、中皿

その名の通り、玉を大皿、小皿、中皿で受け止める基本的な技です。

  1. 大皿(小皿)持ちで構えます。(中皿の場合は大皿持ちをして、そのまま中皿が上になるように構えます。)
  2. 玉を下に垂らして静止させます。
  3. 玉をまっすぐ上に引き上げ、大皿(小皿、中皿)で受け止めます。

*成功のポイントは玉を受け止めるとき、膝を使って衝撃を吸収するようにやさしく受け止めることです。

ろうそく

ろうそくはろうそく持ちで玉を中皿で受け止める技です。

  1. ろうそく持ちで構えます。
  2. 玉を下に垂らして静止させます。
  3. 玉をまっすぐ上に引き上げ、中皿で玉を受け止めます。

*成功のポイントは、ろうそく持ちは不安定になりやすいのでまっすぐに持つことと、玉を受け止めるときに膝を使って衝撃を吸収するようにやさしく受け止めることです。

とめけん

この技は、けん先に玉の穴を挿す技です。

  1. けん持ちで構えます。
  2. 玉を下に垂らして静止させます。
  3. 玉をまっすぐ引き上げます。(この時玉の穴が常に真下に向くように引き上げます。)
  4. けん先で玉の穴を受け止めます。

*成功のポイントは玉を引き上げる時、玉の穴が下を向いた状態のまま引き上げることです。

飛行機

飛行機はたま持ちで玉の穴でけん先を受け止める技です。

  1. 利き手で玉持ちで構えます。
  2. もう一方の手でけんを持ち、手前に引いて糸が斜めになっている状態にします。
  3. けんを前に振り子の要領で振り出します。
  4. 玉を持つ手を手前に引いて、けんを半回転させます。
  5. 半回転してけん先が下を向いた状態で戻ってきたけん先を玉の穴で受け止めます。

*成功のポイントは上手く半回転させることと、けんを受け止める時に膝をうまく使って、優しく受け止めることです。

もしかめ

この技は、大皿と中皿で交互に玉を連続で受け止める技です。

  1. 大皿持ちで構えます。
  2. 玉を下に垂らし、静止させます。
  3. 玉をまっすぐ上に引き上げ大皿で受け止めます。
  4. その状態から玉を上に投げ上げ、中皿で受け止めます。
  5. これを連続で行います。

*成功のポイントは、大皿やろうそくと同じように膝を使って優しく受け止める事と、リズムよくやることです。

灯台

灯台は玉の上にけんを乗せる技です。

  1. 玉持ちで構えます。
  2. けんを下に垂らし、静止させます。
  3. けんをまっすぐ上に引き上げて、玉の上にけんの中皿を乗せます。

*成功のポイントは、けんを引き上げたときにまっすぐになるようにするのと、けんを引き上げる高さを高くしすぎない事です。

日本一周

小皿(大皿)→大皿(小皿)→けん先の順番で下に落とさず連続で受け止める技です。

  1. けん持ちで構えます。
  2. 玉を下に垂らし、静止させます。
  3. 玉をまっすぐ引き上げ大皿(小皿)で受け止めます。
  4. その状態から玉を上に投げ上げ、小皿(大皿)で受け止めます。
  5. その状態からもう一度玉を上に投げ上げ、今度はけん先で玉の穴を受け止めます。

*成功のポイントは、大皿(小皿)で受け止めるときの玉の穴の位置を自分の方に向くように受け止めるようにします。そうすることで、けん先で受け止める玉の穴の位置が確認できるので成功率が上がります。

以上簡単にけん玉について解説しましたがいかがだったでしょうか?けん玉はやったことがない人でも楽しむことが出来るので、是非チャレンジしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました