お正月飾りの縁起物だるま。その意味と由来、だるまの豆知識。

お正月

年末年始には、この縁起物のだるまを売る市があちらこちらで開かれます。 お正月には新しい年の願い事や目標のこめて、だるまを買います。最初は片方の目玉だけを書き入れ、願いごとがかなうともう一つの目も書き入れます。

このようにお正月など縁起物としてよく見られるだるま。でもなんでだるまを使っているんだろう?と疑問に思ったことはないですか?

だるま(達磨)は縁起のいい置物として昔から使われてきました。願い事を叶えてくれるいわゆる幸運アップのアイテムとして、最近でもだるまはいろいろな場面で使われているのをよく見ますが、なぜだるまが使われているのか知っている方は少ないはず。だるまは単なる飾りで使われているのではなく、実は深い意味と由来がちゃんとあるんです。

ここでは、だるまの由来やモデルになった人、だるまを今でも使っている意味などについて詳しく解説していきたいと思います。

だるま(達磨)って何?

年賀状 笑顔のだるま 笑う門には福来る 受験の写真

そもそもだるまは、昔のインドのえらいお坊さん「だるま大師」と呼ばれた人が、座禅(ざぜん)という静かに座って心を静める修行をしている様子をモチーフに作った置物です。

だるま大師はなんと9年間もの間座禅をして、手も足も無くなってしまったいう言い伝えがあり、だるまの置物も手足がないものになっているのです。

また日本には「起き上がりこぼし(小法師)」という、底に重りがついていて、何度倒しても必ず起き上がってくる人形がありますよね。何度倒しても何度でも起き上がるところが、座禅をし続けるだるま大師の話と結びついて、だるまの顔が書かれるようになって、今のような形になりました。この何度倒しても必ず起き上がってくる様子が、七転び八起き(何度失敗してもそれに負けず、起き上がってくる)の縁起のよいものとして広く使われるようになりました。

なた、だるまのモデルになっただるま大師は「二入四行論(ににゅうしぎょうろん)」と言われるものを唱えました。「二入四行論」とは、自分の精神を磨き、人格を高めるために唱えられた教えです。この「二入四行論」のなかでは、自分が行なったことに対しての責任を自らがとり、忍耐強い人であるようにと唱えられています。また、自分ができることから取り組み、一日一日を誠心誠意尽くすことの重要さが解かれています。

この「二入四行論」の教えが背景にあることから、だるまは願い事や目標に近づくことの助けをしてくれるのです。

だるまが赤い意味。赤以外のだるまは?

赤いだるま

片目のだるまの写真

よく見かけるだるまって、赤いものがほとんどですよね?実はこの赤い色にも由来があるんです。

もともと赤い色には魔除け・家内安全・開運吉祥があるとされていて、病気や災難を妨げるための縁起物として昔から使用されていて、最も古い歴史を持っています。家内安全や開運吉祥を願う意味として、現在でも人気の色です。また、だるま大師が赤い衣を着ていたことに由来しているとも言われています。

「だるま」と聞けば、赤くて厳つい顔を思い浮かべる人がほとんどだと思います。江戸時代にはほとんどが赤色、または白色でした。なのでその時代はそれ以外の色のだるまを見かけることもありませんでした。しかし、昭和以降になると様々な意味を込めて、赤白以外のたくさんの色の「だるま」が作られるようになったのです。

ここでは、赤色以外のダルマに込められている意味について、詳しく解説していきます。自分の願い事に合った色のだるまは何なのかを見つけてくださいね。

黒いだるま

ダルマの写真

黒いだるまには商売繁盛事業繁栄の意味が込められています。

黒色は力強さや迫力を感じさせることから、黒字を招き、安定した金運を招く力があると考えられており、商売に関する願い事をしたい人におすすめです。また、黒は何色にも染まらない事から、厄除けの意味もあるそうです。

黄色いだるま

だるま 黄色

黄色いだるまには穀物の実りの色であることから五穀豊穣金運上昇の意味が込められています。

黄色は明るい色で、見ている人を元気にしてくれる色です。開店祝いや転職などおめでたい事柄のプレゼントとしておすすめです。

金色のだるま

金色のだるまには見た目通り金運向上の意味が込められています。

金色は派手な色なので家だけに限らず、会社の事務所やオフィスなどに置くと雰囲気を明るくしてくれます。金銭的な願い事を叶えたい人におすすめです。

白いだるま

白いだるまには受験合格目標達成の意味が込められています。白いだるまは赤いだるまが作られ始めた当初からある色です。

また、白いだるまは純粋なイメージがあり、爽やかな雰囲気を感じさせてくれます。受験生や何かを成し遂げたい人におすすめです。結婚祝いの贈り物としても送られることが多いです。

他にも、健康長寿身体健勝など健康が長く続くことを願う気持ちが込められている緑色のだるまや恋愛運や結婚運がアップするとされているピンクのだるまなんかもあります。緑色のだるまはいつまでも元気でいてほしい大切な人へ贈るのが喜ばれ、ピンクのだるまは若い女性に人気のだるまです。

だるまの豆知識

だるまの目

だるまって選挙の時に目を入れるのシーンでよく見かけますよね。でもこれって本当はちょっと間違ってるんです。だるまは『目』に魔除けの力があります。これは江戸時代に視力を失う病が流行って、願掛けの意味も込めて大きな目のだるまが人気になりました。なので最初のだるまには、黒い両目が入っていました。

ただ、願掛けのものだったので、そのうちに買い求める人から目の入れ方に注文が付くようになり、その時からお客さんに自分で目を入れてもらうのがいいだろう、と片目や白目のだるまが出てきたようです。

願いが叶ってからだるまに目を入れるイメージは、テレビの時代に入ってからです。選挙選で当選した議員さんが筆で目を入れる姿が印象に残っていて、目の入っていないだるまが主流になったとされています。なので本来は仏像などのように神聖なものなので、両目が入っていた方が何倍ものパワーが発揮されるので、飾る時には初めから両目を入れておくのがおすすめです。

だるまを飾る場所・方角・期間

だるまを飾る場所には特に決まりがなく、置きたい場所に置きましょう。ただし縁起のいい飾り物なので、ゴミ箱やトイレの近くのように不潔な場所や、台所や物置のような目に付かない場所に飾るのは避けた方が良いでしょう。

また、だるまを置く方角は不吉とされる北向きは避けて、南向きもしくは東向きに置くと良いとされているので、置く方角は注意するようにしてください。

だるまを飾って1年間はご利益があるとされているので、願いが叶っただるまを供養して、また新しいだるまを購入し入れ替えて飾ります。もしくは願いが叶っただるまを供養せず、新しく購入しただるまと並べて置いておいてもいいです。

簡単にダルマについての解説をしましたがいかがでしたか?だるまの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました