初詣の由来と意味は?参拝方法や初詣の内容

お正月

毎年行っている初詣。家族やカップル、お友達同士で行っておみくじを引いたり願い事をしたりしますよね。

でも初詣についてあまり詳しくない方もいらっしゃるのではないでしょうか?ここでは初詣についての説明をしていきます。

初詣と参拝のタイミングは

初詣は、元旦の早朝にその年初めて神社やお寺に無病息災や平安無事を祈るのが一般的です。

昔は日が暮れると一日の終わりとされていたため、日が暮れると一日の始まりとされていました。なので昔は大晦日の夕方からがお正月とされていました。大晦日から元旦の朝にかけて家の主が一人で氏神様をまつった神社に泊まり込み、その年の豊作や無病息災を祈っていました。これを「年籠り(としごもり)」と言います。

また、お正月にお飾りをしてその年の年神様を迎え、おせち料理を頂いた後に年神様がいる方角にある神社にお参りをします。これを「恵方参り(えほうまいり)」といい、年籠りと恵方参りの行事があわさって現在の初詣になったと言われています。

初詣に行くタイミングは、「松の内」の期間内に参拝するのが一般的とされています。「松の内」とはお正月飾りを飾っておく期間のことで地域によって期間が異なり、東北や関東、九州など多くの地域は1月7日とされ、関西地方を中心とした地域は1月15日とされています。

神社とお寺

初詣は神社に行くのが正しいのか、お寺に行くのが正しいのか知っていますか?実はどちらも正解なんですが、神社とお寺では参拝方法が違うので紹介していきます。

お寺の参拝方法

お寺の参拝方法は次の順番で行います。

  • 門をくぐる前に一礼して門をくぐる。
  • 手水所で、左手→右手→口→柄杓の柄の順番に清める。
  • 本堂前の香炉で、線香を供えて邪気を払う。
  • 賽銭箱の前で一礼してお賽銭を納める。
  • 鐘をつき手を合わせて祈る。
  • 最後に深く一礼。

以上がお寺での参拝方法になります。ちなみに、お寺を選ぶとき自分の干支の守護本尊が祀られているお寺を選ぶと、より縁起がいいとされています。

神社の参拝方法

神社の参拝方法は次の順番で行います。

  • 鳥居の前で15度腰を曲げ軽く一礼して、真ん中を避けてくぐります。
  • 手水所で、左手→右手→口→柄杓の柄の順番に清める。
  • お賽銭箱にお賽銭を納め、鈴を鳴らして腰を90度に曲げて二礼する。
  • 手を合わせ、右手を手前に少し引いて二度拍手をする。
  • 手を合わせ、目を閉じて、最後に一礼。

以上が神社での参拝方法になります。ちなみに鳥居の真ん中を避けてくぐるのは、真ん中は正中(せいちゅう)と呼ばれる神様の通り道になるからです。くぐる時も右側なら右足からくぐり、左側なら左足からくぐります。これは正中におられる神様にお尻を向けないためです。

お賽銭はいくら入れる?

神社もお寺もお賽銭を入れますが、いくら入れるのが良いか知っていますか?

みなさんもよく知られているのが5円ですよね。5円はご縁と語呂合わせで縁起がいいとされています。その他に縁起がいいとされているのが

  • 5円×2枚=10円:重ね重ねご縁
  • 5円×5枚=25円:二重のご縁
  • 5円×9枚=45円:終始ご縁

などが縁起がいいとされています。なのでお賽銭をするために5円玉を多めに用意して参拝するようにしましょう。

また、中にはお札をお賽銭箱に入れる方もたまにいらっしゃいますが、お札を入れる場合には住所と名前を記入した、白い封筒に入れて納めるのがマナーとされているので覚えておきましょう。

絵馬の意味

絵馬とは?

絵馬は神様に願い事を祈願するために神社に奉納するものです。

昔は神様は馬に乗って降りてくると信じられていたため、絵馬ではなく生きた馬を奉納していたそうです。神聖な馬で「神馬(しんめ)」と言われます。参拝に行ったときに神馬舎を見たことがありますよね?それはこの名残です。

ただ、馬をその都度奉納するのは大変な作業だったため、木や紙や土で作った馬で代用していましたが、いつの頃からか馬の絵を描いた絵馬に代わっていったそうです。絵馬は初詣に限らず自分の願い事がある時や、願い事が叶ったときに奉納するので、初詣でなければいけないという事はありません。

絵馬の書き方は?

絵馬に願い事を書く時の注意点は

  • 願い事は絵馬の裏面に書く。
  • なるべく具体的な願い事を心を込めて書く。
  • 名前、住所を記入する。

以上が絵馬に願い事を書く際の注意点になりますが、最近は個人情報の観点から住所を書かない方や、本名ではなくニックネームで書かれる方も多くなっているそうです。

破魔矢の意味

破魔矢とは?

破魔矢とは読んで字のごとく「自分に降りかかってくる災難(魔)を破る矢」でお正月の縁起物として飾ります。

破魔矢はもともと射礼や破魔打と呼ばれる占いがもとになっているそうです。子どもを地域ごとに選んでハマと呼ばれる的に向けて矢を放ってもらい、上手く当てた子どもの地域がその年豊作になるという占いだったそうです。そこからハマを討つ矢をハマ矢、矢を飛ばす弓をハマ弓と呼ぶようになりました。この占いの風習が簡略化されていき、神様の武器という事で縁起物とされるようになりました。

破魔矢の飾り方は?

破魔矢の飾り方は、一般的には家の神棚に飾ります。この時下に白い紙を敷いてお札をもらっているなら一緒に飾りましょう。玄関や床の間などに飾るのもいいですが、神様の縁起物なので見下ろす事のないように目線より高い位置に飾るようにしましょう。

また、破魔矢は矢の先を上に向けておくことはタブーとされています。上に向けるという事は、天(神様)に向けて矢を放つ形になってしまい、失礼にあたるとされているからです。飾る時は寝かせるか、矢の先を下に向けて飾るようにしましょう。

ちなみに破魔矢はお正月に購入され家に飾る方が多いと思いますが、お正月以外でも

  • 家を建てるときの上棟式での安全祈願
  • 引っ越しをしたとき
  • 新しく事務所を立ち上げた時

など飾るタイミングは沢山あります。

破魔矢の処分方法は?

破魔矢の処分方法は、1年以内で新しいものに交換するのが良いとされています。なので1年経った破魔矢はその年の飾り物と一緒に神社やお寺に持っていき、お焚き上げをしてもらいましょう。

ちなみに原則として破魔矢をもって行く場所は、破魔矢を購入した場所にもっていくのが一般的ですが、遠くて無理など理由がある場合は近くの神社やお寺でも問題はないと思います。

おみくじの意味

おみくじとは?

おみくじはもともと「くじ」が語源と言われています。昔は国の重要な事を決める際に神様の意志を知るための神聖な道具として使われていました。それが今では、個人の運勢占いになっていったようです。

おみくじは大吉・中吉・吉・小吉・半吉・末吉・末小吉・凶・大凶があるのは知られていますが、皆さんはこの吉か凶の所を意識してみる方が多いと思います。しかし、「大吉が出たから今年は良い年だ」とか「大凶が出たから今年はダメだ」と思っている人が多いですが、これは大きな誤解です。

例えば大吉は一番いい状態ですが、大吉だからといって調子に乗ったり、努力を怠ったりすると、運勢はどんどん落ちていきます。逆に大凶は一番悪い状態ですが、大凶はこれ以上は悪くならないという事なので、一生懸命に努力をして、謙虚な姿勢で取り組んでいれば運勢は上向きになっていきます。大吉が出たから喜ぶとか、大凶が出たから落ち込むのではなく、出た結果から今後自分がどう行動していくかの方が重要なので、そこをしっかりと理解したうえでおみくじを引くようにしてください。

神様はずっと見守ってくださっているので、出た結果を素直に受け止め神様に全てをお任せするという考え方が本来のおみくじの在り方です。

おみくじの正しい作法

おみくじを引く時にも作法があります。

まず、おみくじを引く前に必ず参拝するようにしましょう。これは初詣に限らずいつおみくじを引いても参拝します。その時願い事があるなら、一緒にお願いします。そうすることでおみくじの結果が具体的に理解しやすくなります。

引いたおみくじは持って帰ってもいいですし結んでもいいですが、おススメは神様とご縁を結ぶという意味から、結んで帰るのが良いと思います。

もしおみくじの願い事が叶ったときは、そのままゴミとして捨てず近くの寺社で古札として納めるようにしてください。

ちなみにおみくじは何度引いてもいいですが、先ほども説明したように吉凶の結果よりも、その結果に対してのその後の自身の行動の方が重要になってきますので、何度も引き直すのはあまり意味がありませんよ。

以上の事を参考にして正しい初詣の参拝をして、良い年を迎えましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました