お正月遊びの羽子板!意味や由来、基礎知識を解説

お正月

お正月遊びの定番として知られている羽子板。みなさんも一度は遊んだことがあるんではないでしょうか?

初正月という言葉は聞いたことはありますか?初正月とは、赤ちゃんが初めて迎えるお正月のことで、そのお祝いに女の子には「羽子板」を送り、男の子には「破魔矢・破魔弓」を贈るのが昔からの風習です。

しかし、どうして女の子の初正月に羽子板を贈るようになり、羽子板はどんな意味が込められているのでしょうか?意味や由来も含めてご紹介していきます。

羽子板の意味と由来

羽子板の由来は2つあり、1つは14世紀頃の中国に由来があると言われています。中国で行われていた羽根に硬貨をつけたものを蹴る遊びが、室町時代に日本に伝わり日本で羽根つき遊びになった説。もう1つは7世紀頃から宮中で行われていた先端がヘラのような形をした杖で毬を打ち合って遊ぶ「毬杖(ぎっちょう)遊び」が由来である説があるようです。

また、羽子板には羽根をつくことで「邪気をはね(羽根)除ける」と言う意味があったと言われています。羽子板に描かれていた絵柄も「松竹梅」などの縁起ものや、「悪魔祓い」の儀式を描いた「左義長(さぎちょう)」などが描かれていました。羽子板(羽根つき)の板の形が縁起の良い「末広がり」なのも、「その年の末(先)が広がって(発展して)いきますように」と言う願いが込められているそうです。

女の子に羽子板を贈るのはなぜ?

羽根は「胡鬼子(こぎこ)」と呼ばれ「胡鬼」と言うのは古代中国で「トンボ」のことで、トンボは感染症を運ぶ蚊を食べてくれることと、羽根の先には「無患子(むくろじ)」と言う大木の種がついているんですが、その名の通り「子が患うことの無いように」ということと、、羽根つき遊びをしていたのが宮中の女性だったことから、羽子板と羽根が「女の子のお守り」の意味を持つようになりました。そこから女の子には羽子板を贈るようになり、年のはじめに無病息災を願って羽根つき遊びをしていたと言われています。

羽子板がお正月飾りになっていった

もともと羽子板は羽根つき遊びで、誕生したころは板に直接絵を描く「描絵羽子板(かきえはごいた)」と言われ、松竹梅の絵が描かれていました。

その後羽子板は羽根つき用の羽子板と、飾り用の羽子板に分かれていき、その当時貴族や武士の間で羽子板を贈り合うのが定番になっていました。江戸時代になるとその風習が一般庶民にも広まっていく中で、素材や絵柄が豪華になっていき「押絵羽子板(おしえはごいた)」と呼ばれる押絵を羽子板に貼り付けていく技法で作られるようになり、「歌舞伎」や「能狂言」などの絵柄が使われていました。

その後明治時代から大正時代にかけて、焼きゴテで線を描く「焼き絵羽子板」や、羽子板に絹を貼ってその上から絵を描く「絹絵羽子板」などが作られるようになり、羽子板の種類はどんどん増えていく事で、飾り用の羽子板が定着していきました。

羽子板の飾るタイミング

昔は季節の変わり目には「鬼門」が開き、そこから鬼(邪気)が出てきて悪さをして病気になったり、災厄が起こると信じられていました。生まれてまだ間もない赤ちゃんが無事成長できるようにと、「鬼払い(邪気払い)」や厄除けとして羽子板や破魔矢を飾り、赤ちゃんが元気に無事年を越せるようにと願っていたのです。

そこからお正月事始め(お正月を迎えるための準備を始める日)と言われる12月13日からお正月飾りを飾るようになっていきました。最近ではお正月飾りはクリスマスを過ぎてから飾られることが多いようですが、注意しておかなければいけないのが、12月29日12月31日に飾ることです。29日は「二重苦=にじゅうく」と言われ、31日は「一夜飾り」と言われどちらも縁起が悪いとされているので、避けるようにしましょう。

羽子板の片づけるタイミング

羽子板はお正月飾りなので、一般的には小正月(こしょうがつ)と呼ばれる1月15日まで飾ります。しかし羽子板はお正月飾りとしてだけではなく、年中飾りとしても扱われているため片づけずに1年間そのまま飾っておいても問題ありません。3月3日は桃の節句「ひな祭り」があります。2月上旬から飾りつけをしていきますが、この時一緒に羽子板も飾っておきお祝いするご家庭も多いようです。

また、昔は15歳の「立志式(りっししき)」までは飾っておくという考え方がありましたが、成人まで飾っておくご家庭や、年齢関係なくずっと飾っておくご家庭もあります。羽子板は「無病息災・魔除け」を願う縁起物なので、ずっと飾っておいても問題ありません。

羽子板の遊び方

羽子板は飾り物としてだけではなく、お正月遊びとしても使われています。基本的な遊び方には追い羽遊びと揚羽遊びの2種類があります。

追い羽遊び

追い羽遊びは2人で遊ぶ遊びで、簡単に言うと現在のバドミントンのような遊び方です。お互いに決められた枠内入り、羽を打ち合って相手の枠内に入れて得点を競う遊び方です。よくあるのが、入れられた方は顔にペンや筆などで落書きをされる罰ゲームをしたりします。

揚羽遊び

揚羽遊びは1人でも2人でも遊べる遊びで、サッカーのリフティングの要領で羽子板で羽を打って、いかに羽を下に落とさずにリフティングが出来るか回数を競う遊びです。

この2つの遊び方が伝統的な遊び方で、もともとは女性が遊んで楽しむものでしたが、時代の変化とともに男性も遊ぶようになり、現在では性別関係なくお正月遊びとして定着していきました。

以上羽子板の意味・由来から遊び方まで解説してきましたがいかがでしたか?飾り用としても遊び用としても羽子板を理解して良いお正月を迎えてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました