お正月遊びの福笑い!意味や由来、遊び方紹介

お正月

お正月遊びの定番の福笑い。みなさんも一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

でも福笑いの意味や由来について知らない方も多いと思いますので、解説していきますね。

福笑いって何?

福笑いとは、目隠しをした人が顔のパーツ(目、鼻、口、耳など)を除いた輪郭部分だけを描いて、その上に顔のパーツを置いていく遊びです。もちろん目隠しをしているので、どこに置いたらいいのかわからない状態でパーツを置いていき、出来上がった顔を見て笑って楽しむお正月の定番遊びの一つです。

福笑いは江戸時代の後期に誕生し、明治時代頃に普及したのではないかと言われていますが、はっきりとした起源はわかっていません。

福笑いをお正月にする意味

福笑いはできあがった面白い顔を見てみんなで笑い合うことから、「笑う門には福来る」ということわざがあるように、新年の幸せを願うために笑って幸せを呼び込むという意味を込めてお正月に遊ぶようになったと言われています。

福笑いの定番おかめとひょっとこって何?

福笑いではよく使われる定番の顔がおかめやひょっとですよね?なぜこの顔が使われるようになったのか知っていますか?

ひょっとこというのは、手ぬぐいを巻いて口が尖ったひょうきんな顔をした男のお面です。神楽で道化役の男として登場します。おかめはひょっとこと同じ神楽で道化役の女として登場します。おかめは「お亀」や「お多福」、「お福」など様々な呼び名があります。

ひょっとこは「火を守る神様」、おかめは「福を招く神様」とされ、どちらも家庭円満の神様として扱われています。これらの事から、おかめとひょっとこが使われるようになったのは、福をもたらす縁起物で見た目も面白く福笑いに適した顔だったからです。

福笑いの遊び方は?

福笑いの遊び方はとても簡単で、

  1. まず、紙を用意しておかめやひょっとこの顔の輪郭を描きます。この時用意する紙は大きめのものにしておくとパーツを置くところが広く使えるのでお勧めですよ。
  2. 輪郭以外の顔のパーツ(目、鼻、口、耳など)を作ります。他にも帽子をつけたり、頬っぺたを作ったりしてパーツを増やしてみても面白いですし、パーツの大きさを変えてやってみるのも面白いですよ。
  3. 福笑いをする人が目隠しをして、作った顔のパーツを顔の輪郭に置いていきます。この時周りで見ている人が、「もう少し上」とか「斜め下」など指示を出して顔を完成させるやり方も結構盛り上がります。
  4. 完成したら目隠しを外します。出来た顔を見て大爆笑間違いなし!

以上が福笑いの一般的な遊び方ですが、描く輪郭は必ずしもおかめやひょっとこにしなくても、自分や友達や家族の顔、アニメのキャラクターの顔などを作って福笑いをするといろんなバリエーションが出来て楽しいですし、輪郭も何も描かずまっさらな状態で、輪郭から描いてもらうやり方をしてみても、色々な顔が見れて楽しむことが出来ますよ。

また、出来上がった福笑いが一番面白かった人が勝ちとか、一番完成度が高かった人が勝ちとか自分たちでルールを決めて福笑いをしてみるのも良いかもしれませんね。

福笑いをして、お正月を家族で楽しく過ごそう!

福笑いは決まったルールはなく、自分たちで色々アレンジすることで色んな楽しみ方が出来るお正月遊びです。しかもお正月遊びの中で一番みんなが笑顔になれる遊びなので、「笑う門には福来る」ということわざがあるように、新年に笑顔で福を呼び込むためにも是非家族みんなで福笑いを楽しんでほしいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました