中村俊輔が引退表明!理由は?引退試合はあるの?引退後は何をするの?

スポーツ

横浜FCに所属するMF中村俊輔選手(44)が今季限りで現役を引退することを発表されました。

中村俊輔選手といえば、左足から繰り出す芸術的なフリーキックやパスセンスを武器に、国内のみならず海外でも活躍した屈指の人気選手ですよね。

そんな中村俊輔選手が引退を決めた理由や、引退試合について、今後の活動についてまとめました。

中村俊輔選手の主な成績

中村俊輔選手の主な成績について簡単にまとめました。

横浜マリノス(現:横浜F・マリノス)時代

1997年~2002年まで在籍。

1997年シーズン

  • Jリーグ優秀新人賞を受賞。

1999年シーズン

  • 背番号が10番になり、リーグベストイレブンを受賞。

2000年シーズン

  • Jリーグ最優秀選手賞(最年少)を受賞。
  • 日本年間最優秀選手賞を受賞。

レッジーナ時代

イタリアのセリエAレッジーナに2002年~2005年まで在籍。

2002年シーズン

  • レギュラーを獲得し7得点をあげセリエA残留に貢献。

2003年シーズン

  • FIFAコンフェデレーションズカップ2003で3得点をあげブロンズシューズ賞を受賞。

2004年シーズン

  • アジアカップ中国大会で最優秀選手に選ばれる。

2005年シーズン

  • レッジーナの歴代ベストイレブンに選出。
  • FIFAコンフェデレーションズカップ2005でベストイレブンに選出。

セルティックス時代

2005年~2009年まで在籍。(移籍金は約4億9000万円

2005年シーズン

  • リーグ優勝と国内カップ戦優勝の2冠を獲得。

2006年シーズン

  • UEFAチャンピオンズリーグで日本人初得点
  • 決勝トーナメント進出を果たしこれも日本人初の快挙
  • 海外リーグ戦で自身初のハットトリックを決める。

2007年シーズン

  • セルティックスリーグ戦連覇し日本人初の欧州リーグでの連覇経験者
  • スコットランドPFA年間最優秀選手賞受賞。
  • スコティッシュ・プレミアリーグベストイレブン選出。
  • スコットランド・サッカー記者協会年間最優秀選手賞受賞。
  • 年間ベストゴール賞受賞。
  • アジア人選手による初の欧州リーグでのMVP獲得

エスパニョール時代

2009年~2010年まで在籍。

横浜F・マリノス時代

2010年~2016年まで在籍。

2013年シーズン

  • 自身初のリーグ2桁得点を記録し、17点目となる直接フリーキックを決め、遠藤保仁選手が持つJ1の最多得点記録を更新
  • 史上初の2度目そして最年長でのMVPを受賞

2015年シーズン

  • J1直接フリーキック得点ランキング単独1位。このゴールは月間ベストゴールに選ばれた。

ジュビロ磐田時代

2017年~2019年まで在籍。

横浜FC時代

2019年~現在まで在籍。

2019年シーズン

  • J2の月間ベストゴールに選出
  • チームのJ1昇格に貢献

というように最近では年齢も重ねたことと度重なるけがの影響で目立った成績はありませんが、数々のタイトルや記録を持っている数少ない日本のトップサッカー選手と言えるのではないでしょうか。

引退の理由

では引退の理由は何だったのでしょうか?調べてみると2つの理由があることがわかりました。

引退の理由は怪我が原因!?

中村俊輔選手が引退を決意した理由の1つは怪我が原因とされています。

限界だった。今年6月。右足首の手術を行った。芸術的な左を支えてきた軸足は、ボロボロだった。エックス線写真に写し出された右足の関節部分の異常さは、誰の目にも明らかだったという。さらには手術後には、患部の感染症が発生。9月に復帰したが、右足は悲鳴を上げていた。

                                ❝日刊スポーツ❝

昨季途中から「引退」を考えていた。21年シーズンの途中にも、周囲に「やりきった」と漏らすこともあった。家族の支えもあり、思いとどまったが、常に「引退」の2文字は脳裏にあった。背番号変更も、1つの表れだったのかもしれない。昨季まで10を着けていたが、今季から25に変更。「俺はもういい。若い人が背負った方がいい」とMF安永(現水戸)に譲った。

                                ❝日刊スポーツ❝

手術後も軸足の右足が悲鳴を上げ、シーズンの途中から今季限りで引退を考えていたようです。

横浜FCへの恩返し

もう1つの理由というのがJ2に降格した横浜FCをJ1へ上げる事、つまり横浜FCへの恩返しです。

以前取材で中村俊輔選手は次のように答えています。

「落としてしまっていなくなるのではなく、取り返したい。スポンサーや会長の小野寺(裕司)さんたち、みんなが一生懸命なんとかしようとしてくれたりした。それでも落としちゃったから、このままでは終わりたくない。横浜FCにもまたオファーをしてもらえたから。チャレンジだね」

❝webSportiva❝

中村俊輔選手が在籍3年目の2021年に横浜FCはJ2に降格してしまったんです。

その年のシーズン終盤に横浜FCから1年契約の再オファーが届き、このままでは終わりたくない、戦いたいという気持ちが強くなっていったそうです。

そして横浜FCは見事J1昇格を決め落としてしまったものを取り返すことができ、中村俊輔選手の恩返しも達成されたので引退を決意したようです。

引退試合はあるの?

引退試合の開催や日程についてはわかりませんでしたが、過去にも引退試合をした選手は沢山います。

  • 福田正博選手
  • 中田浩二選手
  • 柳沢敦選手

などJリーグで活躍した選手ばかりですよね。

中村俊輔選手の活躍ぶりからも引退試合はされるのではないでしょうか?

引退試合の規定

Jリーグの引退試合は誰でもできるわけではなく2つの規定があり

  • チームが開催を許可した場合のみ
  • 現在所属するチームもしくは過去に所属したチームがJリーグに所定の申請書を提出して認証される事。

この2つの条件がそろって初めて引退試合は行われるんです。

さらに引退試合について2003年に引退試合を行った浦和レッズの福田さんは

「チームにとっては自分たちに利益がないから、そこまでの思いがなかったらチームはやりたくないんです」

                           ❝FNMプライムオンライン❝

と語っています。

ただ中村俊輔選手程の人気トップ選手ならチームも引退試合を許可するんじゃないでしょうか?

引退後の活動について

引退後については取材で

「サッカー選手って、いろんな終わり方があるじゃない? 戦力外通告みたいなのもそうだし、ケガが理由の人もいる。やめるタイミングって、自分のなかであるから。やめなくていいなら、ずっとやめなくていいでしょ。だけど、次は指導者もやりたいし。それはタイミングって言うか、人それぞれだからね」

                                 ❝webSportiva❝

と指導者の道を考えているようです。これはセルティック時代から考えていたことだそうです。また、

中学生や高校生、小学生にも教えたい。プロは勝つサッカーをどうやってやるかだし、使ってもらえれば『あの監督、よかったな』ってなるだけだから。

                                ❝webSportiva❝

とも答えていることから次世代の育成にも力を入れて、第2の中村俊輔選手を育ててくれるんじゃないでしょうか?

いずれにせよ引退後の中村俊輔選手にも注目ですね!

最後まで読んで頂き蟻がおうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました